小嶋工務店の家造り

森を活用し守るのは自然との約束

地場の風土で育った、東京で強さを発揮する家。

屋久島のような原生林と東京近郊の里山を比べたとき、森林の風景に違和感を感じることはないでしょうか。

そんな環境下での家づくり、私たちは使用する構造材は、地場の風土で育った「東京の木」が最適と考えています。
私たちは未来永劫、この里山の森林を、維持管理し続ける義務があるのです。

科学が進んだ現代においても、日本の気候に適した建築材は、いまだ木です。

メイド・イン・トーキョー

メイド・イン・トーキョー

TOKYO WOODは天然乾燥

時間を経るという、価値。

"TOKYO WOOD"の桧は、全て天然乾燥。製材業者は、人口乾燥所有しているボイラーを使うこともなく、伐採した木を、ただ並べて待つことしかできません。切った木をすぐに売れないということは当然、製材業者の収入にも影響が出ます。
しかし、新築の時だけ価値があるような家は、東京にはもう不要です。永く使い、思い出を刻み、資産として受け継いでいける家を作るためには、木の乾燥にも時間をかける必要があるのです。


天然乾燥にこだわる理由。

天然乾燥にこだわるのは名前やイメージのためではなく、単純に木の品質が向上するからです。含水率を20%」以下まで低減させ、ヤング係数や臭気テストの結果も良好。強くて香り高い木材となります。木の油脂分が流れないため、より湿気に強く、触った感触も向上しました。多摩地域の山林は雨が多く、乾燥に時間がかかるのですが、その分ゆっくりと乾燥が進むためか、他地域の天然乾燥と比べても高品質なものとなっています。

含水率

小嶋工務店では、天然乾燥(自然乾燥)し、製材された東京の木に含まれる含水率を一本一本測定し、品質検査を行っています。含水率とは、木材の全体に対して含まれる水分の割合を表すもので、縦横の圧縮・硬度は含水率0%の時に最大となります。測定は木材にマイクロ波を透過させ、その透過率を調べ、SD20(水分量20%以下)だけを合格としています。この検査により、変形が少なく耐久性の高い、構造材(柱・土台)だけを使用した家づくりが可能となります。

臭気テスト

天然乾燥では、油脂分などが残るため、木の香りが強く感じられるという結果になりました。香りの種類も多く、森林のように複雑なものとなっています。リンゴの果実との比較でも、より香りが強いことが証明されています。


TOKYO WOODは天然乾燥

品質を数値化する

木材に科学の目が入り、工業製品と比較される時代になっています。個体差がある自然素材であっても、構造計算のために強度性能を出すことは、非常に重要。2008年、"TOKYO WOOD"は全国的にも数少ない大規模なグレーディングマシンを導入しました。木材の一つひとつに、ヤング係数や含水率を印字して出荷しながら、さらなる品質向上に努めています。
※ヤング係数Eについて、桧の基準E>90、杉の基準E>70とする
※含水率SDについて、SD<20%とする


ヤング係数と含水率までの測定をわずか6秒で行う設備

重量測定、打撃測定(ヤング係数)とマイクロ波測定(含水率)までをわずか6秒で行う、大規模な測定設備を導入しています。計測数値を木材に印字する工程も自動化され、不正などがありません。 含水率は、クロスカットという、木材の両側からマイクロ波を当てる方法で計測されるため、内部の水分分布をより正確に割り出せます。

クロスカット計測 〈木材の含水率を測定〉

含水率

木材の軸方向に対してクロスカット方向の含水量を測定することにより、木材の水分傾斜を解析。
この水分傾斜を考慮することで、精度の高い含水率測定が可能。

超高速インライン 〈木材の重量と強度を測定〉

臭気テスト

重量測定と強度測定を独立することで測定時間を大幅短縮。1/1000秒のサンプリングスピードで計測し、300m/分のラインで0.5cm刻みという超精密測定を行う。


  • 小嶋工務店の家造り
  • 東京の木でつくる東京の家
  • 長期優良住宅先導事業採択
  • ソーラーサーキット
  • 家づくりで本当に大切な事
  • 家族の暮らし方を演出する自由な設計
  • 地場木にこだわる理由
  • 構造・耐震について

ページの先頭へ戻る