創業までの道程


少年期

一覧に戻る

故郷への想い

新潟県柏崎市。田中角栄元総理大臣の生地でもあり、刈羽原子力発電所や拉致事件でご存知の方も多いとか存じます。
私、小嶋算が生まれた所は柏崎市(旧刈羽郡)市内から、車で山間部に向かって15分ほどの所。子供の頃は、冬になると1m50cmもの雪が積もり、屋外での仕事は雪堀りくらいしか無く、男達は皆、出稼ぎへ行っておりました。そんな冬が厳しいこの
地でも、春になると緑と空気の美味しさや、のどかさは格別で、都会では味わえない素晴らしいものがありました。また、私の
生家の東側には八石山という標高800mの山があり、冬はスキー、春は山菜採り、秋はキノコ狩りと、四季を通じ、遊びに飽きる事はありませんでした。

木との出会い

昭和19年、私は小学校1年生でした。全校朝礼では、先生の号令で「二重橋に向かって礼」と言われ、子供ながらに緊張感を
持って礼をしたのを覚えています。でもなぜ、新潟の片田舎から東京に向かって礼をするのか、7歳の私には理解できません
でした。同じ地で生まれた父は、終戦間際に戦地より帰還しましたが、半農では食べて行く事が困難な時代で、山師(山の立木を買取り伐採して売る)の仕事の後に、コバ葺き職(木を薄くはぎ屋根を葺く)を兼業しておりました。 当時、冬になると実家には
5~6人の若い衆が居て、山に木を切りに出かけていました。10歳だった私もよく同行し、「算、おまえもやるか!」などと言われ、興味本位で直径1m20cmもある大木を雪の中で倒していました。大きな木が白い雪の上に、大きな音をたてて倒れて行く時の
感動と、切り口から漂う木の香りには何とも言えない心地よさを感じたものでした。

やるしかない

父は戦地での過労の為か、私が12歳の時に結核を患い、長期療養を余議なくされました。
昨日までの幸せの日々が一転し、明日からの生活もままならない状態です。
長男だった私は家族6人の生活の為に、学校から帰ると、魚屋さんから仕入れた魚を
「魚はいらんかね~!」と、農家に売り歩きました。
今の感覚で言えばアルバイトですが、自分の為ではなく、家族の生活の為の仕事です。
魚を買ってもらえると、嬉しくて涙がこみ上げ、何度も「有難うございました。」とお礼を言って、
魚が売れた喜びを噛みしめたものでした。
また当時、村では農地改良の真っ最中でしたので、一輪車での土運びも毎日のように手伝いました。
30cm巾の足場の上での作業は手がちぎれそうでした。私の背丈が伸びなかったのも
「この仕事が原因だったのでは?」と、今でも思っています。

中鯖石中学校3年生になったばかりの頃、母から、「可哀そうだけど高校には行かんでくれ!」と、涙ながらに言われました。
覚悟はしていましたが、それが現実となると寂しさと悔しさでやりきれない気持ちでいっぱいでした。当時、中学3年生になると、午後の授業は進学組と就職組に分けられ、進学組は進学のための授業、就職組は家畜(豚など)の世話に分けられました。
私は就職組、劣等感はありましたが、これもまた楽しかったのを記憶しています。

中学を卒業し、自分の好きな建築屋になる為、まずは大工を志ました。しかし、15歳の大工の弟子では、月に小遣い程度のお金しか貰えない時代です。やむなく土方仕事に身を置き、春、夏、秋と地元で仕事をし、冬は出稼ぎで富山県の神通川発電所工事など、お金になるところであれば何処へでも行ったものです。


ページの先頭へ戻る